ストレスが原因とされるうつ病の症状について

治療について

看護師

うつ病など、精神疾患の治療にはとても長い時間がかかります。再発しやすいことが原因だからです。まずは、治療の流れについて勉強していきましょう。流れが分かれば、スムーズに治療することができます。

Read More

放置しても治らない

悩む人

うつ病は放置しておけば治る病気ではありません。基本的に早期発見をし、適切な治療を受ける必要があります。また、放置することが原因で、症状はどんどん悪化していきます。

Read More

心の症状

相談

うつ病を患ってしまうと、様々な症状が現われます。特に有名なのが心の症状でしょう。ストレスが原因とされている病気の症状についてお教えしていきます。まず、心の症状としては気分障害が挙げられるでしょう。一般的に人間は、楽しいことや嬉しい事が起これば喜びます。逆に、嫌なことが起これば悲しんでしまうでしょう。個人によって感情の変化に多少の違いはありますが、基本的に共通しています。ですが、この病気を患ってしまうと、このような正常な変化が見られなくなってしまうのです。楽しいことや嬉しいことが起こっても喜んだり、嫌なことが起こっても悲しんだりできなくなります。感情や気分、身体の反応がバラバラになってしまうのです。自分で感情をコントロールすることは難しくなるでしょう。また、風邪やインフルエンザが原因となり、軽い感情障害を引き起こしてしまうことがあります。ですが、あくまで一過性の症状で、風邪やインフルエンザが治れば気分障害も解消されるのです。病気の際に感情障害が起こる理由としては、感情の変化によるエネルギーの消費を抑えて、体調を回復させるためだとされています。ただ、うつ病の場合は長期間に渡って気分障害が続くでしょう。対人関係や日常生活にも問題が出てくるようになります。精神的な負担も大きくなるでしょう。風邪やインフルエンザが原因の時とは違い、一過性の症状ではないのです。また、思考力の低下もみられるようになります。この病気の典型的な症状として挙げられるでしょう。基本的に人間は、思考から人格が形成されます。何かを想像したり、考えたりすることで個性や性格が作られていくのです。しかし、うつ病になってしまうと、思考力が著しく低下してしまいます。脳の機能が低下することが原因だと考えられているのです。思考力の低下だけではなく、反応も鈍くなります。これも脳の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうのが原因です。神経伝達物質が異常分泌されてしまうと、海馬が収縮すると言われています。記憶を司るとされている海馬が収縮してしまうと、記憶力も低下するのです。物覚えも悪くなります。考えることも覚えることもできなくなり、反応がとても鈍くなるのです。基本的に動きまで鈍くなってしまいます。また、思考力が低下してしまうと、別の問題も出てくるのです。思考力の低下が原因で、思考を止める事ができなくなります。一般的に脳が正常なら物事を考え始めるのと同じように、自分で思考を止めることができるのです。思考力が低下すると、思考をコントロールできなくなるでしょう。一旦、何かを考え始めると、ずっと考え続けるのです。思考を止められなくなるので、過ぎたことに対して思考を巡らせてしまいます。これが原因で、反芻思考や自分に否定的な思考になってしまうのです。結果的に妄想状態に陥ります。現実と空想の区別がつかなくなってしまうのです。そして、妄想の方を優先してしまうようになります。罪業妄想や心気妄想などが典型的な例でしょう。うつ病の場合、自分を過小評価することが多いのです。思考力の低下が及ぼす影響は計り知れないといえるでしょう。最終的に自分はこの世に必要がない人間だと思い込むようになります。自殺を決行しようと考えることが増えてくるでしょう。心の症状は自分でどうにかできるものではありません。しっかりと専門の医療機関で治療する必要があるのです。

サポートについて

女性

うつ病の治療にはとても長い時間が必要となります。治療中は周囲の人間がしっかりとサポートしてあげましょう。ですが、間違ったサポートが原因で症状が悪化することがあります。正しいサポートができるようにしておきましょう。

Read More

Back to Top