ストレスが原因とされるうつ病の症状について

サポートについて

女性

仕事が多忙で大変な時期に、ストレスを溜め込んでしまうことが多くなってしまいます。このような時期にはうつ病を発症させてしまうリスクが高まってしまうのです。一度この病気を発症させてしまうと、完治までにかなりの時間を要してしまいます。一般的に数年は必要となるでしょう。このように長期間に及ぶ治療を行なうには、周囲の人間のサポートが必要不可欠となります。特に、接し方が大切になってくるでしょう。まずは、患者に対して、どのように接するべきか紹介していきます。まず、うつ病を発症した方は、ちょっとしたことで大きな負担を感じてしまうでしょう。とてもデリケートな状態となっているのです。それが原因で、接し方を間違えてしまうと症状がよけいに悪化してしまうことがあります。患者への接し方には十分に気を付けるようにしましょう。周囲の人間が焦ってしまってはいけません。患者にはできるだけプレッシャーを与えないように注意しましょう。患者の意志を尊重してあげることが大切になります。基本的に、そっとしてあげることが重要なのです。そのため、うつ病患者に「がんばれ」と言ってはいけません。頑張って欲しいと思う気持ちを持つことは大切ですが、口に出してはいけないのです。「がんばれ」という言葉が原因で、患者は余計にストレスを溜め込んでしまうことがあります。この病気は、頑張りすぎたことによって、ストレスが限界値を超えた時に発症する病気です。患者は「がんばれ」という言葉を、頑張りが足りないと言われているように感じてしまいます。さらに患者を追い込んでしまう原因となってしまうのです。また、脳の機能が低下している為、物事に順序を付けることが難しい状態になっています。何を頑張れば良いのか分からず、焦って混乱してしまうのです。最終的には、周囲の期待を裏切ってしまったと感じ、自分を責めてしまいます。「がんばれ」という言葉は、うつ病患者に対しては禁句ともいえる言葉なのです。患者を焦らせない為に、余計なことは言わないようにしましょう。また、病気を発症した原因を探してもいけません。患者自身でも原因を分かっていないからです。主な原因はストレスと言われています。ですが、どこでどのくらいのストレスを感じていたのかはあまり覚えていないのです。患者は原因がはっきりしないことに対して恐怖感を持ってしまうこともあります。知らない間にストレスを溜めてしまうのではないかと思い始めるのです。原因を探すような真似はしないようにしましょう。また、気晴らしをする際にも注意が必要となります。気分転換のためにと、買い物や散歩に誘うとストレスを溜めてしまうことが多いのです。患者は気分が乗らなくても、相手に失礼だと思い無理をすることがあります。ですが、心は疲れ切った状態なので楽しむことができないのです。かえって患者の精神的にも体力的にも大きな負担をかけてしまいます。何かを楽しむような余裕を持ってはいないのです。誘いを断るような気力も残っていないので、嫌だと思っても断ることができません。患者が自分から出かけたいと言わない限りは、こちらから誘うようなことは控えましょう。できるだけ静かに安静にしてもらうことが大切です。患者に無理をさせないようにしましょう。

Back to Top