ストレスが原因とされるうつ病の症状について

治療について

看護師

基本的にうつ病など、精神疾患の治療には長い時間が必要となります。直線的に症状が回復することもありません。少しずつ症状を安定させていくのです。一般的に回復と悪化を繰り返しながら、治療を続けていきます。また、再発しやすい病気なので注意しましょう。治療は3つの段階に分けて行なわれます。それぞれの段階で注意するべき点が変わってくるので気をつけておきましょう。周囲の人間のサポートも重要となってきます。一番注意しておきたいことが、抗うつ剤の服用方法です。勝手に量を変えたりしないようにしましょう。医師に指示された服用方法を守らないのが原因で、治療が遅れてしまうことも少なくないのです。基本的に抗うつ剤が効果を発揮するまでには多少の時間がかかります。1週間から2週間程は時間が必要でしょう。また、副作用の方が早く現れることが多いのが特徴です。しっかりと効果が出るまで、服用を続けるようにしましょう。このような基本的な情報をしっておかないと、症状が悪化したと勘違いしてしまうことがあります。治療には時間がかかることをしっかりと理解しておきましょう。まずは、急性期ですが、抗うつ剤による治療がメインとなります。休養も十分にとるようにしましょう。基本的に休養を十分にとらなくては、意味がないのです。できるだけストレスの生じない環境で治療を行ないます。初めの内は、少量の抗うつ剤を服用するでしょう。患者の様子を見ながら抗うつ剤の量を調整していきます。急性期の治療では、症状が軽くなるのに1ヶ月から3ヶ月程必要となるでしょう。うつ病特有の症状が少しずつ軽くなってきます。回復期には、症状の回復と悪化を繰り返しながら、治療を進めていくでしょう。症状が軽くなったとおもったら、すぐに悪化するといったことを繰り返すのです。多くの方が、症状が軽くなった時にうつ病が治ったと勘違いしてしまいます。勝手に治療を中断してしまう方も少なくないのです。これが原因で、治療が振り出しに戻ってしまうこともあります。勝手な判断で治療を中断しないようにしましょう。回復期には多少気力や体力が戻ってきます。身体も動かせるようになってくるでしょう。この時期になると、希死念慮が現れるようになります。回復に向かっているにも関わらず、突発的に自殺を決行してしまうのです。そのため、周囲の人間は患者の様子に気を配る必要があります。患者が自殺を決行しないようにサポートしてあげましょう。症状が安定してくると、社会復帰を焦る方も増えてきます。ただ、完全に症状が安定していないにも関わらず職場復帰しても意味がありません。完全に症状が安定するまで焦らずに治療を続けましょう。最後が再発予防期ですが、うつ病は再発しやすいのが特徴です。再発しやすいことが原因で、何度もこの病気を発症させてしまう方も多いと言われています。症状が完全に安定した後も、抗うつ剤による治療を続けるのです。常に調子の良い状態を保つようにしましょう。一般的に1年から2年程は薬物治療を続けます。抗うつ剤の飲み忘れには十分に気を付けるようにしましょう。一回でも飲み忘れてしまうと、病気が再発しやすくなってしまうのです。基本的に医師の指示があるまでは薬物治療を続けます。また、ストレスが大きな原因とされている病気なので、ストレスを溜めないようにしましょう。カウンセラーなどに相談することで、ストレスを軽減することができる場合もあります。また、うつ病の初期症状が現れたら、すぐに専門の医師に相談するようにしましょう。

Back to Top